入れ歯

 

 

 

保険適用の入れ歯では、歯に掛けるバネが金属であるため、見た目を気にされる方が多くいらっしゃいました。そんな患者様におすすめの入れ歯が「ホワイトクラスプデンチャー」です。

名前の通り、ホワイトクラスプデンチャーで用いられる
バネは白色の歯科用プラスチックで作られていますので、歯の色に馴染みとても見た目が綺麗です。
実際に、患者様からも「バネが目立たず、金属のような違和感も少ない」との喜びの声を頂いております。


また、「金属のバネと比較して強度は弱いのですか?」との質問を頂きますが、強度・耐久性ともにホワイトクラスプデンチャーは優れています。
人と話すときや笑顔になったとき、入れ歯の金属が気になる方はご相談ください。

 

 

ホワイトクラスプデンチャーよりもさらに見た目が自然な入れ歯をお探しの方には「ノンクラスプデンチャー(エステショット)」をおすすめします。

この入れ歯の最大の特徴は、入れ歯を支えるバネが歯茎と同じ色をした樹脂で作られている点です。
この入れ歯を装着していても見た目が自然なため、
気づかれる心配はありません。
また、非常に軽く柔らかいので、装着した違和感が少なく、
少し手荒に扱っても壊れることが少ないという点も
ノンクラスプデンチャーの特徴でしょう。

最近では、入れ歯への抵抗感がある女性の方でも、ノンクラスプデンチャーにされることが多くなってきました。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

 

最近では、入れ歯への抵抗感がある女性の方でも、ノンクラスプデンチャーにされることが多くなってきました。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

 

 

最近では、保険適用外の入れ歯に用いられる材料や材質、製作方法は過去と比較にならないほど改善されており、患者様にとって満足できる入れ歯作りを実現できるようになりました。
保険適用の入れ歯とどのような点で異なるのかについて下記でご紹介します。

 

 

保険適用の入れ歯で用いられる材料は重いため、噛む度に負担が強いられていました。
それに対して保険適用外の入れ歯で使用する材料には、保険適用の入れ歯に使用される材料の約1/4の重さのものを使用します。

 

 

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、保険適用外の入れ歯で使用する材料の場合、保険適用のものと比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

 

 

 

入れ歯を入れると、「温かい」「冷たい」といった食べ物の温もりがなかなか感じられなくなります。この温もりを意識されない方が多いようですが、味覚に大きく影響を与えるのが、実は食べ物の温もりです。
そのため、保険適用外の入れ歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

 

 

 

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、保険適用外の入れ歯で使用する材料の場合、保険適用のものと比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

 

 

 

患者様に合う入れ歯を作るために最も重要なのは、手間をかけた調整です。
保険適用外の入れ歯では納得の行くまで手間を掛けられますので、ミクロン単位に及ぶ緻密な調整を行うことができ、患者様に合う入れ歯を作ることが可能となるのです。

 

 

 

これから私は、歯科医師として非常に心苦しい話をしなくてはなりません。
それは、保険適用の入れ歯が合わない最たる理由は、健康保険の制度上、入れ歯に使用する「材料」や製作に掛けられる「手間」に制限があるという事実です。

なぜ保険制度にはそのような制約が存在するのかと言いますと、健康保険が適用される基準として、「国民が生活するのに困らない最低限の治療」と国が定めているためです。

例えば、患者様に合った入れ歯を作るためには「個人トレー」と呼ばれる患者様のお口に合ったトレーを作成する必要があります。ですが、保険適用内の入れ歯では規格の定められたトレーしか使用できないため、合う入れ歯を作るのは非常に難しいのです。
つまり、合う入れ歯は国が定める「必要最低限の治療」に含まれないということなのかもしれません。

ご紹介したのは枝葉の部分ですが、保険制度では「材質・設計・制作工程・調整」という、合う入れ歯に欠かすことのできない要素が排除されてしまっていることが多々あります。

 

それと対局をなすのが、保険外診療(自費診療)です。保険外診療は保険適用されませんが、前述した制約がありません。その分患者様が納得して頂けるまで、手間と時間を惜しみなく掛けることができるのです。

ただ、保険が悪くて保険適用外の入れ歯が良いという事ではありませんので、価格や見た目など、どのような点を患者様が重視されているかを考えた上で選択して下さい。

 

症例集

当院で治療した症例をビフォア・アフター形式でご紹介します。
ご興味のある方は症例集をご参照ください。

 

 

料金表

詳細は料金表をご参照ください。

 

 

Q 食後は入れ歯を外して洗った方が良いでしょうか?
Q

毎食後、歯ブラシで磨いて洗って下さい。

line
Q 入れ歯を汚れたままにしておくとどうなりますか?
Q

不衛生な入れ歯を使用していると、歯茎が炎症(歯肉炎)を起こしたり、口腔内の細菌が原因で肺炎を引き起こすことがあります。部分入れ歯の場合は、バネが掛かっている歯に汚れがたまって虫歯や歯肉炎・歯周症を引き起こします。

line
Q 入れ歯の安定が悪いときはどうしたら良いでしょうか?
Q

入れ歯が安定していないように感じた場合は、入れ歯安定剤を一時的に使用し、なるべく早く歯科医院に相談した方が良いです。

line
Q 噛むと痛いのですが?
Q

入れ歯を長時間使用していると歯茎に負担が掛かってしまいますので、歯茎に痛みを感じることが多々あります。この症状が起きるのは珍しいことではなく、入れ歯を長い間使用すると歯茎が痩せてくるために起こる現象です。痛みを感じた場合は、症状を放置せずに定期健診を受けて下さい

line
Q 入れ歯の場合でも、定期検診は必要でしょうか?
Q

入れ歯は使用しているうちに、アゴの骨が減少し歯肉の状態が変化します。ですから、最低3ヶ月に1度は歯科医院で検診を受けて下さい。

line