歯周病 パーフェクトペリオ 膿
メディアで話題沸騰中!歯周病菌をほぼ完全殺菌する「パーフェクトペリオ」重度歯周病の方にも効果的です。

虫歯菌・歯周病菌をほぼ完全殺菌する「パーフェクトペリオ」

 

パーフェクトペリオ

 

「パーフェクトペリオ」という言葉をご存知でしょうか。

パーフェクトペリオとは、雑誌やテレビで話題となっている機能水のこと。
「虫歯菌・歯周病菌をほぼ完全殺菌できる」、「歯茎を切開せずに治療できる」、「通院回数が少なくて済む」など、パーフェクトペリオは従来の歯周病治療に比べて様々な点で優れています。

 

パーフェクトペリオ比較

 

重度歯周病の場合、従来の歯周病治療ではなかなか思うような治療結果は得られませんでしたが、パーフェクトペリオが開発されたことにより、重度歯周病の患者様でも早期に改善することが可能となり、多くの歯科医師を驚かせました。


このパーフェクトペリオの特徴については、下記で詳しく解説していきましょう。


虫歯菌・歯周病菌をほぼ完全殺菌できる

 

従来の歯周病治療では、歯周病菌の温床となる歯石を除去できても菌自体を完全殺菌できないため、歯周病が再発する可能性が高いのが実情でした。


ところが、パーフェクトペリオを用いることによって歯周病菌はおろか、虫歯菌などの様々な細菌をほぼ完全殺菌することが可能となったのです。
これにより、歯周病が再発する可能性をグンと引き下げることに成功しました。

 

虫歯菌・歯周病菌をほぼ完全殺菌できる

 

歯茎を切開せずに歯周病が治る

 

歯周病の進行度合いには、「軽度」「中等度」「重度」と三段階あります。

この中等度・重度まで歯周病が進行すると、歯石が「歯茎の中」に溜まってくるので、歯茎を切開して歯石除去をする必要があります。

一方、パーフェクトペリオを併用した治療を行うことで、
歯茎の中の歯石除去はもちろん、再発リスクとなる
歯周病菌の除去が可能となるため、外科手術をしなくて
済むようになりました。



元気

 

通院回数が少なくて済む

 

パーフェクトペリオを併用した当院の歯周病治療では、歯周病菌をほぼ完全殺菌できるため、軽度歯周病の方は1回、中等度の方は2回、重度の方はほぼ3回で症状が改善されます。

ただし、ご家庭でのパーフェクトペリオホームケアを行う必要があり、それをせずに歯科医院での治療のみであれば上記の通院回数は変わってきます。
また、歯周病以外にも症状がある方は、そのための治療として別途通院して頂く場合がありますのでご注意ください。

 

パーフェクトペリオを併用した歯周病治療による症例
パーフェクトペリオを併用した歯周病治療による症例

 

従来のホワイトニングの欠点を克服した「FAPホワイトニング」
Q パーフェクトペリオは人体に影響がないのでしょうか?
Q パーフェクトペリオは、人体の白血球と同じ成分で歯周病菌や虫歯菌を殺菌していますので、人体への影響はほとんどありません。また、財団法人日本食品分析センターによる、様々な安全検査でも、パーフェクトペリオの安全性が確認されています。
line
Q 抗生物質のように、次第に効き目が無くなってきますか?
Q 専門的な話なので簡単に説明しますと、従来の抗生物質などの薬による治療法では、完全には菌を除去できず、菌の一部が残ってしまいます。この残った菌は薬への耐性ができるため、薬による効き目が次第に無くなります。
パーフェクトペリオは菌本体を完全に除去するため、長期間使用しても効き目が無くなることはありません。
line
Q なぜFAPホワイトニングにかえたのか?
Q 今まで何種類ものホワイトニングを試してみましたが、ホワイトニング直後は歯がかなり白くなるものの、ほとんどの場合において色が元に戻ってしまいました。それに、ホワイトニングをする前よりも着色しやすくなったため、そのようなことが起きないFAPホワイトニングを導入しました。
line

 

従来のホワイトニングの欠点を克服した「FAPホワイトニング」

 

パーフェクトペリオを併用した歯周病治療

パーフェクトペリオについては前述した通りですが、虫歯菌や歯周病菌をほぼ完全殺菌することができる機能水のことを指します。
これを従来の歯周病治療と併用することで、従来の治療法では難しいとされてきた重度歯周病の患者様でも症状の改善が期待できます。

パーフェクトぺリオ

 

 

歯周病によって失われた骨を取り戻す「骨再生治療」

 

歯周病の悪化に伴い、歯を支える骨は歯周病が出す酸によって溶かされていきます。
これは見逃すことのできない問題です。なぜなら、歯を支える土台が少なくなれば歯がグラグラし始め、最終的には歯が抜けてしまうためです。

そうならないためにも、早期に治療を受けることで進行を止めることはできますが、失ってしまった骨が自然と元のように再生することはありません。


ところが、当院が行う「骨再生治療」を受けることで骨が再生される可能性はあるのです。
まだまだこの治療法の認知度は低いので、下記で詳しくご紹介していきますね。

 

エムドゲイン

 

この治療法を簡単に説明しますと「薬を塗って骨を再生させる」いうものです。

この骨再生治療では、特殊なたんぱく質を主成分とした薬剤の「エムドゲインゲル」を用います。これを患部に塗布することで、本来備わっている再生能力が発揮され骨が再生されるのです。


エムドゲイン

 

 

GTR法

GTR法では、骨を回復したい場所を「メンブレン」という特殊な膜で覆うことにより、骨を再生させる治療法のことです。

骨にはもともと再生能力が備わっていますが、
骨よりも歯肉の方が再生速度は早く、
骨が再生するはずのスペースを歯肉が覆い
邪魔してしまうため、骨が再生することはありません。


GTR法では、骨が再生するスペースをメンブレンで確保することで、骨の自然治癒を図ります。個人差はありますが、おおよそ数か月後には、新しい骨が再生されます。

GTR法

 

GBR法

 

前述したGTR法ではメンブレンを覆うだけでしたが、GBR法ではそれに加え、メンブレンで確保したスペースに粉砕した自家骨や人工骨を盛ることで、骨を再生させます。
これにより、約半年後には細かく砕いた骨が自分の骨に置き換わります。

GBR法の施術手順は以下の通りです。


GBR法

 

以上が、歯周病により骨が失われた患者様に当院が行う骨再生治療法です。
歯がグラグラになっている方、骨再生治療にご興味がある方は当院までご相談ください。

 

きめ細かいサポートを実現する「歯科衛生士担当制」

 

きめ細かいサポートを実現する「歯科衛生士担当制」

 

「歯科衛生士」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?歯科衛生士とは、お口の健康を守る仕事を専門とするスタッフのことです。

当院では「歯科衛生士担当制」を採用しており、一人の患者様を一人の歯科衛生士が担当しています。このシステムを導入したことで、患者様のすべてのデータを生涯にわたり保存管理でき、蓄積したデータや患者様との長いお付き合いの中で得た情報や変化をもとに、その患者様に適した質の高いご提案・治療をすることが可能となります。


また定期的に来院して頂くことによりお互いの気心が知れ、リラックスした状態で診療ができますので、コミュニケーションを楽しみながらお口の健康維持に繋げられればと考えております。

GBR法

 

また、当院の歯科衛生士は外部向けの講演も多数行っています。
今後も、これまで培ってきた技術・知識・経験を多くの方にお伝えし、そして各衛生士のスキルアップに努めていきます。

 

 

 

歯が失われる原因ナンバー1を「虫歯」だと思われている方が多いようですが、虫歯ではありません。


ナンバー1は、実は「歯周病」です。
事実、30代以上の約8割以上が歯周病にかかっており、
日本人が歯を失う原因としては、
虫歯よりも歯周病の方が多いのです。

虫歯と異なり歯周病には痛みがないため、気がついた時には手遅れとなっているケースが多々あります。さらに、歯周病が進行することで、自分では気づかないうちに強烈な口臭を周囲にまき散らしています。

パーフェクトぺリオ

 

また、歯周病は全身の様々な病気との関連性が多く報告されており、歯周病によって失うのは歯だけではなく、最悪の場合、命を落としかねない非常に恐ろしい病気です。
このことについては次節でご紹介します

 

歯周病と全身疾患の関連性

歯周病はお口の中だけではなく、全身疾患との関連性もあります。
関連性が報告されているものとして次のものがあります。

 

歯周病と全身疾患の関連性

 

特に歯周病と関連が深い病気が糖尿病です。
糖尿病の人は、感染に対する抵抗力が弱まっているため歯周病にかかりやすく、重症化しやすいと言われています。さらに、歯周病菌は毒素や炎症性物質を大量に放出するのですが、これがインスリンの効きを悪くさせ、糖尿病を悪化させることも危険視されています。
つまり、糖尿病があると歯周病になりやすく、歯周病があると糖尿病が悪化しやすいという関係性が存在するのです。


また妊娠中の歯周病の悪化は、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす事がわかってきています。
低体重児を出産した母親と、正常体重児を出産した母親の歯周病の進行程度を比較した調査では、低体重児を出産した母親の方が歯周病が進行していたという報告があります。また、妊娠中の歯周病をそのままにしておくと、早産の確率が高まることも指摘されています。妊娠中でも歯周病の治療は可能ですので、4〜8カ月の安定期に治療を受けることをお勧めします。

エイズに関しては、歯周病菌の作り出す物質がHIVを再活性化させることが証明されており、エイズの発症・進展に関連する可能性が示唆されています。

そして、ここ最近になり、歯周病と「」との関連性が指摘されています。
ある報告では、歯周病患者は口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、食道癌などの発生リスクが高いという結果が発表されています。また、腎癌、膵癌なども歯周病と関連している事が報告されています。

このように、歯周病は歯を失う病気というだけではなく、全身疾患にも関連する命を落としかねない恐ろしい病気であるという認識が大切です。


 

あなたの歯周病はどこまで進行していますか?

歯周病は自覚症状が伴わないため、知らず知らずのうちに症状が悪化していきます。
どこまで歯周病が進行しているかを事前に把握することで、最悪の事態を避けることができます。


下記の写真は、歯周病の進行過程を表したものです。
あなたのお口は、どれに当てはまりますでしょうか?

 

あなたの歯周病はどこまで進行していますか?

 

いかがでしょうか?①だからといって決して安心はできません。

いくら丁寧に毎日歯磨きをしていても歯科医院へ定期的に通っていなければ、必ず③まで歯周病が進行してしまいます。そうならないためにも、早期治療は欠かせません。

 

とにかく早めの来院をおすすめします!

歯周病は、なによりも早期発見が大切です。
発見が遅れてしまえば、「抜歯」なんて事態にもなりかねません。

「最近めっきり歯科医院に行かなくなったなぁ…」という方は下記の表をご覧になり、当てはまる項目がひとつでもありましたら、すぐにお近くの歯科医院で受診して下さい。

 

症例集

当院で治療した症例をビフォア・アフター形式でご紹介します。
さらに詳しく見たいという方は症例集をご参照ください。

 

 

患者様の声

当院で治療をした患者様の声をご紹介しております。
詳しくは患者様の声をご参照ください。

 

 

料金表

料金表はこちら