院長対談

 

 

幼少時代、東京のど真ん中千代田区で浅野家の次女として誕生。浅野家は、今では珍しい『燃料店』を都心一等地で営む。
今も昔も変わらず、父も母も朝早くから夜遅くまで仕事をしていた記憶があります。


忙しい両親に構ってもらえない寂しさからか、寝る時はいつも、掛け布団の端をかじりながら寝ていたそうです。
すくすくと成長して、千代田区の健康優良児にも選ばれた事もありました。


が、この頃からすでに虫歯が・・・

 

 

好きな授業は「体育」という事実からも分かるように活発な子供で、運動会が大好き。
勉強の方は、塾通いもし、そこそこの成績でしたが、私立中学受験は全て不合格…
やはり勉強よりも運動の方が好きだったのかも??


相変わらず仕事で遅い両親のもと、夕食時間が遅くなりがちで、空腹に耐えかねてお菓子をバリバリ…ますます虫歯が増えていったのです。

 

 

受験失敗の結果、公立の中学校へ入学。母の血を引いてバレーボール部に入部。
朝から晩までボールを追い、汗を流す。

部活と勉強を両立させていたような、出来なかったような・・。

 

 

都立高校へ入学。またバレーボール部に入部し、ますます熱中する。
力を入れすぎて成績はどんどん低下し、成績はビリから数えた方が早いほどでした。

そんな頃に、自分にとって『歯科医療』というものに目を向かせる大きな出来事がありました。

 

真冬の高校での休憩時間に硬いアイスクリームをかじったところ、なんと前歯がボキッ!!アイスに前歯が突き刺さっていました。呆然とし、あまりの恥ずかしさに早退し、歯科医院へと走りました。

この事が、『歯の大切さ』に目覚めさせてくれました。
次には、歯科医療に興味を持ったのです。

 

自身の進路を決める時に、真っ先にこの事が頭をよぎりました。
父に相談したところ、「中途半端な事はするなっ!」との鶴の一声で、歯学部受験へまっしぐら!猛勉強の結果、鶴見大学歯学部へ、好成績で合格。

合格し喜んでいた頃、普段スーツなど着ない父が、ビシッときめて出かける姿を見て、声をかけました。「どこに行くの?」という私の問いかけに、父は一言『入学金を借りに銀行に行くんだ!』と答えました。
小さな燃料店にとって、歯学部の入学金は、とんでもない負担となっていた事を初めて知りました。

でも、私自身が進路を迷っていた時も、入学金を工面してくれた時も、父は大きな存在でした。私には、とても大きな器の『人』として、見えました。感謝の気持ちはいつも持ち続けています。


そうです。
両親は二人そろっての旅行が趣味でしたが、私の歯学部在学中は一回も行けませんでした。
それだけ、家計は苦しかったのかもしれません!?

 

 

入学して驚いたのは、クラスの2/3が、なんらかの歯科医療関係者の子息ばかりだったのです。
そして、今度の部活はスキー部へ!競技スキーを行い、数々の大会に参戦し、夏にも山で合宿など、楽しい学生生活をおくりました。


勉強は・・・・・・??

 

勉強の方はというと、がり勉タイプではなく、要領よく試験などをすり抜けたという状態でした。しかし、国家試験の際は、付け焼刃は通用せず、今までの総決算のつもりで、毎日勉強!
というか、丸暗記して試験に臨みました。


国家試験に合格してから、やりたい勉強と自分の進むべき道に迷いが出て、すぐに外に出るよりも、もっと大学で勉強がしたいと考えました。そこで、在学中から興味のあった大学の保存科に籍をおき、臨床の基礎をここで学びました。
これは、自分の歯科医人生において、貴重な時間であったと思います。

 

こうして、大学に籍をおき専門的な勉強をし、勤務医としても働き始めて、どんな歯科医になろうかと少しずつ考えるようになりました。


この時に考えた、『私のポリシー』は、下記に掲載してある通りです。


 

最後になりますが、みなさまとお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております。
どうぞお気軽に当院へご来院ください。