矯正歯科 抜かない 見えない

当院の矯正診断日は、月1回の第三火曜日となります。

前歯だけの「部分矯正」、「透明なマウスピース矯正(インビザライン)」にも対応。
痛くない・歯を抜かない・気づかれない!最先端矯正歯科の「SH療法」が、なんと45万円!!

 

+誰にも気づかれない「透明」なマウスピース矯正-インビザライン

 

当院では透明なマウスピース矯正「インビザライン」を取り扱っております。これは従来の矯正治療にはなかった様々な特徴があります。それぞれご紹介いたします。

 

特徴1:装置をつけていることに「気づかれない」

「何年間も歯にワイヤーと器具を巻きつけるなんて!」
そんな方のために生まれたのがマウスピース矯正(インビザライン)です。
なめらかで透明なマウスピースは人に気づかれることなく、治療期間も短く、痛みや違和感もほとんどありません。

装置をつけていることに「気づかれない」

 

特徴2:マウスピースなら治療期間が見える

最近はモデルや芸能人も選んでいるマウスピース矯正。
治療経験者の89%が「ぜひ知人に薦めたい」と答えています。
その理由の1つが、「精巧なコンピュータ・シミュレーション」です。世界100万人以上の臨床データを元に作られるため、シミュレーションの精度が高く、治療終了までのプロセスや期間を予め予測することが可能になっています。

マウスピースなら治療期間が見える

 

特徴3:マウスピースなら「非抜歯」の可能性が高まります

「インビザライン×非抜歯」、これが新しいスタンダードです。
歯を抜かずに治せるのなら、それに越したことはありません当院で行うマウスピース矯正の多くは「非抜歯」です。他院で「抜歯矯正が必要」と診断されたケースでも、数多く非抜歯にて対応していますので、ぜひ一度ご相談にいらしてください。コンピュータ・シミュレーションを用いることで、「抜歯した場合」と「抜歯しない場合」の仕上がりを、実際に目で比較しながら決定することも可能です。

 

特徴4:マウスピースだけでむずかしい症例も対応できる

矯正治療は、特有の治療経験と知識が必要となるため、安心して治療を任せられる目安は「100症例以上」と言われています。当院の専門医単独で1000症例以上の実績を有し、臼歯の正確なコントロールを行った上で、他の医院で抜歯が必要と診断されるようなむずかしいケースでも、数多く「非抜歯」による治療を行ってきた実績があります。安心してお任せ下さい。

マウスピースだけでむずかしい症例も対応できる

 

特徴5:いつでも取り外すことができます

友人との食事や大切なデートの際に、マウスピースを外すことができます。お食事のたびに食べカスが装置にからみつくわずらわしさはなく、食べたいものを食べることができます。 歯磨きやフロスも普段どおり行えるため、歯や歯周組織を健康に保つことができます。

 

※外している時間が長すぎると歯が予定通りに動いてくれませんので注意してください。

いつでも取り外すことができます

 

特徴6:ホワイトニングとの併用もできます

歯並びを改善しながら、歯の色を白くキレイにすることもできます。マウスピースの中にホワイトニングの専用液を入れ、一日3時間を目安に続けていただくだけで、黄ばんだ歯を白く、美しくしていきます。

 

ホワイトニングとの併用もできます

 

痛くない・歯を抜かない・気づかれない最先端矯正治療「SH療法」

 

「SH療法」という言葉を初めて耳にする方がほとんどではないでしょうか。


それもそのはず。
SH療法は従来の矯正歯科とは異なる、まったく新しい矯正治療だからです!


この矯正治療を一言でいうならば「患者様目線に立った矯正歯科」
なぜなら、「痛い」、「抜歯が必要」、「見た目が悪い」という従来の矯正歯科における欠点に
「料金が高い」を加えた、三重苦ならぬ“四重苦”を見事に解決した歯列矯正だからです。

 

SH療法比較

 

SH療法は患者様だけでなく、多くの歯科医師からも支持されている矯正治療です。
この治療法については次節で詳しく解説していきましょう。

 

従来の矯正歯科と一線を画す「SH療法」とは?

 

従来の矯正歯科では「歯を動かす」ことで歯並びを改善していきますが、この方法では抜歯しなくてはいけなかったり、せっかく治した歯並びが戻ってしまうことがありました。

SH療法は「あごを広げる」ことを目的とした矯正歯科であり、非抜歯はもちろんのこと、綺麗に整った歯並びが戻ることはありません。また、あごを広げることの効用はそれだけに留まらず、顎関節症や睡眠時無呼吸症候群、肩こり、頭痛など様々な症状を改善できる可能性があるということが、最近の研究により解ってきました。

そのような全身の健康を考えたSH療法の特徴は下記の通りです。

 

矯正装置による痛みがない

歯に強い力を加え続ける従来の矯正歯科には「歯が浮く」ような痛みが伴います。
この痛みは相当強いもので、ある患者様は「苦行以外の何物でもない…」と話されます。実際に、他院ではこの痛みが原因で治療を断念する方が続出しているということを耳にします。


このような話を聞かされて不安になっていらっしゃる方はご安心ください。
当院のSH療法で痛みを感じることはありません。

矯正装置による痛みがない

 

なぜなら、ゆっくりと時間をかけて治療を進めるためです。もし痛みを感じた場合でも、取り外し可能な装置ですので、装置を外すことでいつでも痛みから解放されます。

 

抜歯しない

患者様から最も支持される点は、「抜歯しない」というSH療法ならではの特徴です。


従来の矯正歯科では、綺麗な歯並びを得る代償として「抜歯」という苦渋の選択を場合によってはしなければなりませんでした。これはひとえに、歯を並べるスペースが足りないことによるものです。
これだけでは少し分かりづらいと思いますので、簡単な例でご説明しますね。

そもそも歯並びが悪い状態とは、3人掛けのベンチに
4人が座ろうとして綺麗に座れていない状態です。
本来ならば、4人が座れるベンチに作り替えれば良いの
ですが、あごの成長が止まっている大人の場合には
残念ながらそれができません。
それではどうしたら綺麗に座れるのでしょうか?


そうです。
全員が綺麗に座るためには、余計な1人を排除すれば良いのです。

抜歯しない

 

…なんだか恐ろしい例え話になってしまいましたね。(笑)


つまり、歯並びを改善するためには歯の並ぶスペースを作らなければならず、その手段としての抜歯が必要だと考えているのが従来の矯正歯科です。


一方、当院が採用しているSH療法では歯を抜くことはいたしません。
具体的に言いますと、SH療法で用いる「SlideX(スライデックス)」と呼ばれる矯正装置はあごを広げ、従来の矯正歯科では不可能とされている「歯を並べるスペースを作る」ことを実現できるため、歯を抜く必要がないのです。

歯を抜くという事は、みなさんが想像されている以上に大きな問題です。
歯を失えばお口だけでなく、全身の健康に悪影響を及ぼすことに繋がりかねません。

 

失うものは歯1本かもしれませんが、されど1本の歯なのです。


当院では、大切な歯を失わずに歯列矯正ができます。
健康的に歯列矯正を行いたい方は当院にぜひご来院ください。

 

就寝時だけの装着だから気づかれない

SH療法は、特殊な矯正装置を用いるため就寝時のみの
装着で効果を実感できます。

そのため、営業マンの方でも気にせず歯列矯正が行えます。


就寝時だけの装着

 

非常に低価格な治療費

治療費の相場が「80万円」というのは従来の矯正歯科です。高額な治療費に躊躇して、歯列矯正を断念してしまった方が多いのではないでしょうか。


そんな方に朗報なのがSH療法です!
当院では45万円と非常に低価格でご提供しております。
SH療法だと歯並びが改善されるまで平均3~4年程度
かかりますが、従来の矯正歯科の欠点であった
「安全・確実な歯列矯正」をSH療法では
可能としています。
この機会に矯正歯科を始められてはいかがでしょうか。

低価格な治療費

 

以上、最先端矯正治療「SH療法」についてご説明してきましたが、どのようなメリットのある矯正歯科なのかご理解頂けましたでしょうか?


当院では、このSH療法に関する無料カウンセリングを随時受け付けております。
ご興味がある方はお気軽にご相談ください。
また、ホームページ上からメール相談も承っておりますので、時間がなく来院することが難しい方はこちらよりメールを送って下さい。


みなさんとお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております。

 

SH療法における治療の流れ

 

SH療法に関するQ&A
Q SH療法を始める時期は?
Q

お子様の場合は8歳前後で、上あごの前歯4本が生え揃った時期から始めるのが良いとされています。

line
Q 大人ではだめですか?
Q

SH療法では特殊な矯正装置を用いるため、大人の方でも歯列矯正ができます。

line
Q 永久歯は抜きますか?
Q

原則として歯は抜きません。

line
Q 痛くありませんか?
Q

SH療法では「SlideX(スライデックス)」という特殊な装置を使用してあごを拡大して治療をゆっくりと進めていきます。そのため大人でも痛みの少ない治療が可能となります。

line
Q 歯磨きは?
Q

SH療法は取り外し可能な装置を使用しますので、その装置を外すことでしっかりと歯磨きができます。

line
Q どのようなペースで通院するのでしょうか?
Q

原則としてSH療法を始めた最初のうちは月に1回位です。積極的に歯を動かす期間が終了した後は2~3ヶ月に1度位になります。

line
Q いつ入れるの?
Q

基本的には約10時間装着します。しかし、1日中入れていなくてはいけないものではありませんので、外したい時はいつでも外せます。睡眠時プラス3時間程度入れるだけで十分です。

line
Q 治療期間は?
Q

平均3年~4年と考えてください。症例により治療期間が変わります。

line

 

今流行のマウスピースで行う歯列矯正「アソアライナー」

 

アソアライナーは従来の矯正歯科のようなワイヤーを使わずに行うマウスピース矯正です。
この治療法で使用するマウスピースは、透明な薄い素材でできているため目立たないことはもちろん、従来の矯正装置のような装着時の違和感はほとんどありません。


また、アソアライナーの治療期間は、上あご・下あごの両方であれば4ヶ月~1年半くらいかかると言われています。

 

担当医からのメッセージ

なぜ、数ある歯科分野の中から矯正を選ばれたのですか?

矯正を選んだきっかけは、大学で歯科医療の基礎を学び、卒業して研修医になった時でした。当時、咬合性外傷(大きな虫歯や抜けた歯を放置し、噛み合わせのバランスが悪い状態が続くと、慢性的な痛みや歯が抜けたりする病気)が原因で歯を失った患者様がおられたのですが、それを近くで見ていた私は「この方は矯正をしていればこんな目にあわず済んだのではないか」と思ったんですね。医療を志す者であれば誰でも「困っている人を助けたい」という気持ちが根底にあると思います。

お口の健康は噛み合わせが左右するといっても過言ではなく、矯正を学ぶことで本当に困っている方を助け、喜んで頂きたいと思い、私は矯正医の道に進むことを決意しました。

私が今こうして矯正医になれたのは私の指導役であった大学の准教授との出会いも非常に大きかったですね。その方はいつも患者様のことを最優先に考え、どんなに忙しくても急患が入れば嫌な顔一つせず、すぐに駆けつけておられました。そんな尊敬できる人に指導頂けた私は幸せものだと思いますし、私自身もそのような姿勢で患者様と接したい、そう考えています。

診療スタイル、診療に対する考え方を教えていただけますか?

悩まれている方の想いを伺い、その想いを共有し、そして実現すること

それが私の診療スタイルです。

矯正は患者様によって治療内容、治療期間、目指すべきゴールも異なります。

矯正はお世辞にも治療期間が短いとは言えないですし、だからこそ他の治療以上に患者様と我々歯科医師との信頼関係が非常に重要であると考えています。

私は治療の過程をとても重視しておりますので、治療前にはじっくり時間をかけて患者様の想いを伺うようにしています。

治療を始めるタイミングや矯正を外すタイミング、成人式や結婚式までに治療は終わらせたい等、いろいろなことについてお話し、患者様に納得頂くことがスタートだと考えていますし、それが治療を成功させるための何よりの秘訣ですね。 

矯正装置の目立たない工夫は何かされていますか?

はい、当院では「プラスチックやセラミックのブラケット」と「裏側(舌側)矯正」をご用意しています。それぞれご説明しますね。

「プラスチック・セラミック」ブラケット

簡単に言ってしまうと「ブラケット」呼ばれる部分の素材を、目立つ金属ではなく、歯の色に良くなじむ半透明の素材(プラスチックやセラミック)を使います。

ブラケットとは、歯の表面に付ける四角い装置の事です。
左の画像が金属色の目立つ「メタルブラケット」。右の画像が目立たないブラケットです。

裏側(舌側)矯正

一般的な矯正装置は、歯の表面に設置しますが、この「裏側(舌側)矯正」の装置は、そのネーミングの通り、歯の裏側に矯正装置を設置するので、矯正をしている事すら気付かれることはありません。

先生にとって矯正とはなんですか?

「人の人生をプラスに変えてしまう治療」です。

これまで多くの方の矯正治療を担当してきましたが、治療後にこれほど患者様に喜んで頂ける治療は他にないと思いますね。

矯正治療はどうしても一定期間の治療が必要となりますが、それを我慢すれば非常に多くのものを手に入れることが出来ます。例えば歯並びが美しくなれば虫歯や歯周病のリスクが大きく下がりますし、ご自身の歯に対する意識も高まりより健康なお口を手に入れることができるので、矯正には患者様の人生をプラスに変える力があると思います。

矯正というと「歯並びが良くなる」というイメージしかお持ちでない方が非常に多いと思いますが、その歯並びが良くなるだけでこのような素晴らしい成果を生むことができることをもっと多くの方に知ってもらいたいですし、実際今歯並びなどで悩んでいる方には是非ともお勧めしたいですね。

治療するしないにかかわらず、「歯並びが気になる」という方は、一度お気軽にご相談に来てみてください。

矯正歯科が必要な歯並びとは?

 

そもそも、矯正歯科が必要と言われる歯並びはどのようなものがあるかご存知ですか?
矯正歯科を必要とする代表的な歯並びをご紹介します。

 

抜歯しない

 

いかがでしたでしょうか?
あなたの歯並びが上記に該当する場合は、1度、歯科医院で診てもらうことをお勧めします。
その理由をこれからご説明いたします。

 

悪い歯並びは百害あって一利なし!

 

一度は矯正歯科を受けようと考えたことがあっても様々な理由から断念し、結果的に悪い歯並びを放置している方が多いのではないでしょうか。

悪い歯並びを放置することは、見た目の印象だけでなく様々な問題へと発展していきます。
代表的なものだけでも下記にあるような様々な弊害が考えられます。

 

歯並びの悪さからくる顔の歪み

 

顔がゆがむ原因は「歯ならびの悪さ」だけが原因とは言えませんが、重要な要因となりえます。歯並びが悪いと、あごが正常な位置からずれしまうことが原因です。
また、あごのズレが生じると、人間の体は、重心を体の中心に保つために、首や背骨を曲げることで、体のバランスを取ろうとします。そうなると全身の健康状態までに影響を与えることもあります。

 

本人が受ける心理的なコンプレックス

 

このように歯並びが悪いだけで、しなくてもいい辛い思いを経験することもあります。この思いが積もり積もることで内向的になってしまったり、人前に出る事さえも怖くなってしまう方もおられます。

 

早期に歯を失うリスク

 

これは虫歯・歯周病になりやすくなることが原因です。 歯並びが悪いと、どうしても歯ブラシでは届かない部分が存在してしまいます。そうなると当然磨き残しが生じてしまい、その部分だけ慢性的に汚れが付着してしまう状態になってしまうので、虫歯・歯周病の原因となってしまいます。

 

口臭リスクの増大

 

これも虫歯・歯周病になりやすいことと同じ原理です。 歯並びが悪いことが原因で、歯と歯の隙間に食べカスが残りやすくなり、お口の匂いの原因となります。

 

発音障害

 

発音障害の原因には主に次のようなことがあります。
「歯並びや咬み合わせが原因になっている場合」、「舌や唇などお口の中の筋肉の使い方が原因になっている場合」、「その両方が原因になっている場合」があります。 歯並びを治せば、すぐに改善されるとは言い切れませんが、歯並びに原因があることも理解していただきたいと思います

 

このように、歯並びが悪いことで、様々な弊害が出てくる可能性があります。また、歯並びが悪い場合、「噛み合せ」も悪くなっている可能性があります。


科学的に立証されている訳ではありませんが、噛み合わせが悪いことで「頭痛」「肩こり」「めまい」などの原因になっていると言われることがあります。
見た目の美しさも大切ですが、ご自身の健康のことも考え、矯正歯科を考えるのもよいかもしれません。

低価格な治療費

 

 

症例集

当院で治療した症例をビフォア・アフター形式でご紹介します。
さらに詳しく見たいという方は症例集をご参照ください。

 

料金表

料金表はこちら