メインキャッチ画像

歯周病(歯ぐきの腫れ、歯石除去)の改善【東京都 千代田区 神田神保町 御茶ノ水】

2015年10月28日

10代女性の方です。検診と歯石取りをご希望で来院されました。歯科医院は2年ぶりとのことでしたので、まずは唾液検査と歯周病の検査から行いました。上下の前歯は歯列不正が著しく、歯石が付きやすいため初期の歯周病と診断されました。1本ずつ歯の向きを見ながら、歯肉と歯の境目を3秒磨くように伝えました。歯石も除去し、少し期間をあけてから再検査することにしました。途中5ケ月程来院を中断してしまっていましたが、再検査すると、初診時には90.0%あった磨き残しが、10.8%とかなり良い状態を維持されていました。その後はメンテナンスに移行し、今でも健康な口腔内をキープされています。矯正相談も受け、これから審美面にも目を向けていくようです。年齢が若いこともあり、歯肉の改善はとても早く見られ、患者さんも自分の口腔内の変化に気付けたようでした。

カテゴリー:歯周病, 治療症例集