メインキャッチ画像

重等度歯周病(歯茎の腫れ・歯のぐらつき)の改善 【東京都 千代田区 神田神保町 御茶ノ水】

2015年7月24日

 

この方は、69歳で糖尿病の方です。ご自身で自分の性格をずぼらでいいかげんとおっしゃって、歯磨きはあまり得意ではないようでした。汚れ(プラーク)が多いと歯周病はなかなか治りません。そして、糖尿病の方は歯周病が3倍進行しやすいので、とにかくご自身でしっかり磨けるようにサポートさせていただこうと思いました。この方は、磨かないのではなく「磨き方がわからない」だけなのがお話しをしていてわかったので、最初は手を添えて一緒に歯磨きの練習をしました。基本の動きはわかっていただけたようなので、2回目はどこに汚れが残っているのか知っていただく為に、汚れを赤く染め出してみました。これで、どのようにブラシをあてて、どの位の回数こすれば汚れが落ちるのか、実際にやっていただき、ご理解いただきました。3回目にいらした時はびっくりするほどきれいに磨けていて、私は思わず拍手してしまいました。ご本人は、あまり磨き方を変えたつもりはないとのことで照れていらっしゃいましたが・・・(笑)歯石も取り終わり、4回目もキレイに磨けていらしたので継続できています。今はまだ治療中ですが、今後もサポートを続けていきます。

 

 

カテゴリー:歯周病, 治療症例集