メインキャッチ画像

歯周病(歯茎からの出血・口臭)の改善 【東京都 千代田区 神田神保町 御茶ノ水】

2015年4月6日

 

この方の主訴は口臭と歯肉からの出血でした。中等度~重度の歯周炎に罹られており、左下奥歯や下の前歯は動揺がかなりありました。歯科に対する恐怖心が強く、麻酔科での治療をご希望されました。セルフケアとして、歯間ブラシでポケット内を磨くことを勧めました。始めは出血が多くありましたが、どんどん歯肉の腫れは引いてゆき、歯の動揺も治ってきました。また、自ら電動歯ブラシに替えてみたりと、お口の中に対するモチベーションが上がっていきました。

一通り、歯石の除去を終え、一か月のメンテナンスに入ることとなりました。そこで口腔内写真を撮ると、離開していた上の前歯が閉じていることに気が付きました。患者さんはとても感動し、最近ものが噛みやすくなったことも教えて下さいました。

現在は「少し期間を開けるのは不安」という患者さんの意見もあり、一か月半ごとにメンテナンスに通ってくださっています。

カテゴリー:歯周病, 治療症例集