メインキャッチ画像

重等度歯周病の改善(歯のぐらつき・膿・出血) A様 【東京都 千代田区 神田神保町 御茶ノ水】

2015年3月5日

前歯の見た目と歯周病による腫れと出血に悩まされていたAさん。口腔内は歯の根しか残っていない状態のところがあり、歯肉の腫れと動揺している歯も多く、中等度~重等度歯周炎でした。

まず、口腔内を清潔にし、歯周病の治療から始めることになりました。もともと歯磨きには意欲的だったため、歯石を取り始めてから口腔内はみるみる改善していきました。しかし、歯周ポケットが深く、出血がなくならないところもありました。残すことのできない歯は抜歯することになりました。「もっと歯周病を治して出血のない状態にしたい」ということで、深い歯周ポケットの中の歯石を取り、最初にお伝えした歯間ブラシと丁寧な歯磨きを欠かさずに行っていたAさんの努力もあり、ぐらついていた歯はしっかり噛めるようにまでなりました。Aさんも喜んでくださっていましたが、毎月一生懸命に治療に通い続けていたのを側で見ていたので、私も嬉しく、感動を分けてもらえたように感じました。現在は、「もっと噛みごこちが良く、審美的な義歯にしたい」ということで、金具のない義歯を検討中です。

カテゴリー:歯周病, 治療症例集