メインキャッチ画像

歯周病(口臭・歯のぐらつき)の改善 【東京都 千代田区 神田神保町 御茶ノ水】

2015年4月6日

Aさんは来院された時に口臭で悩まれていて、お話をお伺いする時もずっとマスクをされていました。他人のちょっとしたしぐさにも「臭いと思っている」と敏感に反応され、気持ちが落ち込んでいらっしゃいました。

以前に歯周病と言われたことがあり、グラグラする歯があること、歯並びが悪くなってしまったことも悩まれていました。レントゲンを撮らせていただいて重度歯周病で、抜かなければならない歯が何本もある状態でした。

まずは歯の汚れ、歯周ポケットの中の汚れを落として口臭を改善しましょうとご提案しました。歯周ポケットの中を一本一本丁寧に歯石を取っていき、歯磨きの仕方も工夫していただきました。

三回目の時には、グラグラしていた歯の動きが止まる所も出てきて、Aさんの気持ちも少しずつ明るくなられたようでした。その後二回歯石を取り、最後にパーフェクトペリオで歯周ポケットの中を除菌して治療に入りました。

残念ながら歯並びが悪くなってしまった前歯は三本とも抜歯になりましたが、見た目が良く目立たない感じで入れ歯を入れてご満足いただいています。

口臭も歯の汚れを取るにつれてご本人も改善されてきたのを感じておられました。初診時には口数の少ない方だと思っていましたが、実は冗談もたくさん言われるお好きな方でした。

現在は二か月ごとのメンテナンスを続けていただいて六年が経ちました。体調によっては歯肉が腫れることもありますが維持されています。笑顔で楽しく近況を話してくださるのが私の楽しみです。

 

 

カテゴリー:ブログ, 歯周病, 治療症例集